自分自身が審査に受かるような状態で銀行カードローンに申し込まなければなりません

消費者金融と比較すると金利が安い、借入限度額も大きい、それが銀行カードローンです。その反面、審査が厳しくなかなか通らないというイメージもあります。かつては審査が厳しい時代もあったのは事実です。

 

しかし、持ち株会社等により消費者金融をグループの傘下におく銀行が増えてきて、カードローンに積極的に取り組むようになってきています。だから、以前に比べるとかなり審査状況が緩和されてきています。以前は基本的に正社員の人しかカードローンは組めなかったんですが、今ではパートやアルバイトの人はもちろんのこと主婦の人でも組めるようになっています。・仮審査に通ったとしても安心できないカードローン審査には仮審査と本審査があります。

 

本審査だけがほとんどですが、審査に不安な人などが、まず仮審査を受けることもできます。基本的には、仮審査に通れば本審査も落ちることはほとんどありませんが、まれに本審査で落ちるケースがあります。それは、仮審査で記入したものと本審査で記入した内容が異なる時に生じます。例えば、年収や勤務年数など仮審査の時、おおよその金額や年数で記入していた場合に発生します。また、仮審査が通って本申し込みをするまでの間に状況が変化した時にも起こり得ます。

 

例えば、仮審査後に他社でローンを借りたり、勤務先に信用不安が発生したりした場合です。そういったケースでも仮審査で通っていても本審査で落ちることがあります。・どういった審査が行われるのか審査基準は各銀行によって異なります。たいていの場合保証会社がついていますのでその保証会社ごとに審査基準が異なります。しかし、基本的な審査項目はほとんど変わりません。主に次の項目となります。

 

・年収もちろん年収が高いほうが返済比率も低くなるため有利となります。しかし、ただ年収が高いだけではいけません。たまたま1年だけ年収が高くてもいいわけがありません。安定して収入があるかどうかがカギとなります。・他社を含めた借り入れ状況どこからいくら借り入れをしているのかを審査します。借入金額が年収と比べて高すぎると当然返済能力なしとみられてしまいますし、複数の機関から借り入れを行っているとマイナスにみられてしまします。・勤務関係これは勤務先と勤続年数を審査します。きちんと勤めていれば問題はありませんが、上場企業や地場の有力企業、そして公務員はとても有利となります。勤続年数は長いほうが有利になります。・住居住まいは持ち家や社宅が賃貸物件〈マンションやアパート)よりも断然有利になります。

 

また同居の人がいたり固定電話があればさらに有利になります。賃貸のマンションやアパートでも居住年数が長ければ長いほど有利と言えます。要は万が一返済が滞った時にきちんと連絡がつくかどうかということが審査のポイントとなります。・他の要因は意外にも借金をしたことがない人でも銀行カードローンで落ちるケースがまれにあります。借り入れもなくちゃんと勤めているので何の心配もしていなかったのに結果ダメでしたというケースが実際にあるのです。その原因は3つあります。

 

1つ目は、クレジットカードです。クレジットカード多数所持している人は特に注意が必要です。いろんな付き合いでカードだけ作ってどこかにしまい込んでいるケースです。クレジットカードにはキャッシング枠がついています。カードが増えれば増えるほどキャッシング枠は増えます。キャッシング枠はキャッシング利用がなくても借り入れとしてみなされて審査されてしまいます。付き合いで不要なカードをたくさん所持している人は不要なものは解約したほうがいいでしょう。2つ目は、申し込み過ぎです。どこか通るところを探して短期間のうちにたくさんの金融機関に申し込む人がいます。

 

申し込みを行えばそれはオンラインですぐにわかりますので審査上よくありません。3つ目は、借り換えの目的をきちんと伝えていないことです。既債務を申し込みのカードローンでまとめようとする場合はきちんとその旨を伝える必要があります。そうでなければ、新たにカードローンを作成し借り入れを起こすと判断されるからです。