ブラックが申し込んだ時の審査基準

消費者金融会社などで借りいれを行う場合、必ず行われるのが審査ですが、では実際、審査とはどのような事をしているのでしょうか。端的に言ってしまえば、申し込み人に返済能力があるかどうかを調べるのですが、そこには『信用情報機関』が大きく関係しています。

 

『信用情報機関』には、それまでの借りいれの履歴が全て集まって来ます。借りいれとは、過去の消費者金融会社との契約やクレジットカードの使用などが含まれます。様々な業種のデータを取りまとめているのが『信用情報機関』であり、ここでの履歴が、審査に強く影響すると考えてよいでしょう。

 

具体的にどのような事が記されているかと言うと、以前の借りいれ金額は勿論、返済が長期間にわたって滞っていた、消費者金融会社と揉めたなどの情報が履歴として残っており、それは氏名と生年月日を入力すればすぐに見る事が出来ます。そしてこのような延滞や問題のある人の事を業界的に『ブラック』と呼び、その『ブラック』な人が載っているリストを『ブラックリスト』と呼びます。この『ブラックリスト』に載ってしまうと、5年間は情報が消える事がないため、『ブラック』の人が新規に申し込みを申請しても、審査の時点ではねられてしまうという訳です。

 

借りいれをするという事は、必ず返済するというのが大前提です。それが守れない人や、不用意なクレームを発する人は『ブラックリスト』入りし、以後、どこからも借りいれが出来なくなってしまうのです。逆を言えば、きちんと返済し、借りいれ先の会社と揉める事などなければ、『ブラックリスト』には載らないという事です。